髪の毛は年齢の増加にしたがって老化します。そのため、自分の年齢に応じた髪の毛のケアが必要となってきますので髪の毛のエイジングについて見直しましょう。

 

【髪の毛は年齢によってどのような変化をもたらすのか?】

髪の毛の性質は年齢によって変化しますが、その変化は一般的に30代を過ぎた辺りから感じるようになると言われています。髪の毛の変化とは、大きく分けて、白髪、髪の毛の太さと本数、うねり毛、内在脂質の減少などが挙げられます。

白髪は30代を過ぎると少しずつ発生するようになります。これは、メラニン色素を生成するメラノサイトと呼ばれる部分が異常になるためで、髪の毛に関する悩みの多くはこの白髪となります。50代までに白髪が見られる割合は、実に90%とも言われています。

髪の毛の太さと本数は、いずれも減少する傾向にあります。これにより薄毛になったり、髪の毛のハリ、ツヤ低下の大きな要因となります。女性の髪の毛の悩みとしては白髪に次いで多くなります。

うねり毛は、髪の毛の流れが揃いにくい状態のことを指します。年齢の増加によって直毛であった人もくせのある毛になる可能性は大いにあります。
内在脂質の現象は、髪の毛のコルテックス部分に含まれる脂質が減少することを指します。これによって髪の毛のしなやかさが低下し、髪の毛がもろくなる傾向にあります。

 

【年齢に応じたケアが必要】

髪の毛の質は年齢の増加とともに低下していくことは事実です。
だからといってあきらめるのではなく、年齢に応じたケアを行うことによって美しい髪の毛を維持することは可能となります。
髪の毛は外的な刺激に弱いので、むしろしっかりとケアをしないとすぐに髪の毛は弱ってしまいます。

若い頃に使用していたスタイリング剤やトリートメントなども年齢の増加とともに自分の髪の毛に合わなくなる可能性があります。まずは自分の髪質を良く知り、それに合わせた製品を購入することが大切となります。