女性にとって妊娠や出産は身体にさまざまな変化をもたらすものです。それは髪の毛に関しても例外ではありません。

出産後、急に髪の毛にハリやツヤが無くなったと感じる方は少なくないと思います。ここでは、産後に髪質が変化する理由とその対策について紹介していきます。

 

【髪質はホルモンバランスで変化する】

妊娠中はエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが多く分泌されます。これにより、本来抜け落ちるはずの髪の毛もそのまま成長し続けるという現象が発生します。

また、妊娠中は胎児に栄養分を行きわたらせるため、その他の器官は受け取る栄養分が少なくなる傾向にあります。これにより妊娠中の髪の毛の質は低下することになります。

産後に関してはエストロゲンの分泌量が減少し、成長し続けていた髪の毛が急激に抜け落ちることになります。

妊娠中の髪質の低下が産後にも影響を及ぼす他、急に髪の毛が抜け落ちることによるストレスが髪質をさらに低下させることにもつながっています。

しかし、これは妊娠、出産を経験すれば多かれ少なかれ誰も生じるものです。過度に心配する必要はないということを頭に入れておく必要があります。

 

【髪質を低下させないためにできること】

もちろん髪質を低下させないために自分でできることはあります。ここでは3つの方法を挙げていきます。

 

・頭皮の血行を促進させる
髪質が低下するのは髪へ栄養素が行きわたらないためです。頭皮のマッサージを行うことで血行を促進し、髪の毛への栄養をうまく伝えることにつながります。

 

・食生活に気を遣う
産後は女性ホルモンのバランスが乱れる傾向にあり、これをきちんと整える必要があります。食物でもこれを補うことができ、中でも大豆イソフラボンは女性ホルモンの働きを助けてくれます。

 

・シャンプーを変えてみる
産後の身体の変化で自分に合うシャンプーが変わっているかもしれません。
皮脂の分泌量が多くなったと感じたら洗浄力の強いものを選ぶことが大切です。