髪の毛は紫外線から私たちの肌を守るために必要なものです。しかし、いくら髪の毛でも紫外線によりダメージを受けると髪質が低下する可能性があります。ここでは紫外線が髪の毛や頭皮に与える影響について紹介していきます。

 

【光老化がもたらす影響】

髪の毛が紫外線を浴びると起こる現象の一つに光老化と呼ばれるものがあります。これは、髪の毛が光の具合によって白っぽく見えてしまう症状のことを指します。髪の毛が紫外線を直接浴びてしまうと髪の毛を構成する中のメラニン色素を分解します。このメラニン色素は髪の毛の黒色を構成するのに必要なもので、これが抜けると茶色がかった髪の色となってしまいます。

また紫外線は髪の毛を構成するタンパク質であるシステインにも影響を及ぼします。タンパク質は物質を結合するために必要で、これがダメージを受けると髪の毛が不自然な場所で切れてしまいます。これによって切れ毛や枝毛が見られるようになります。

 

【地肌へのダメージも忘れてはいけない】

髪の毛のダメージは髪質やパサつきなどで察知することができますが、地肌のダメージはなかなか察知するのが難しい部分です。髪の毛の成長は地肌の健康も大きく関係しているため、ケアを怠ってはいけません。

地肌が髪の毛の成長に関係している理由として、地肌には毛母細胞と呼ばれる髪の毛を作る基があります。紫外線のダメージにより、毛母細胞がうまく働かなくなると髪の毛がうまく成長しなくなり、髪質に影響を及ぼしてしまいます。

髪の毛も地肌も紫外線からはきちんと守らなければなりません。帽子を被ったり、直射日光を避けるなどしてできるだけ努力することが必要になります。

たかが紫外線と考えているかもしれませんが、基本的に髪の毛は一度傷むと元に戻りません。美しい髪の毛を維持するためには日頃からダメージを気にすることが大切となります。