髪のダメージの記事一覧

美しい髪の毛を目指しているのなら、髪の毛のケアばかり行っていてはいけません。髪の毛は地肌から生えているものであり、地肌のケアもきちんと行う必要があります。ここでは地肌のケアに関して紹介していきます。



【地肌に負担をかけるシャンプー】

地肌を健康に保つために一番手っ取り早い方法はシャンプーです。このシャンプーも場合によっては地肌に負担をかける可能性がありますので、注意が必要です。以下に示す行為は、地肌に負担をかける可能性があります。

・髪の毛を重点的に洗っている
シャンプーは髪の毛を洗うものではなく、あくまで地肌を洗うためにあるものです。髪の毛の汚れに関してはブラッシングなどでも十分落とすことができます。シャンプーは地肌を洗うような感覚で使用することが大切です。

・爪を立てて洗う
よく爪を立ててゴシゴシ洗っている人がいますが、これでは地肌を傷つけてしまう可能性があります。刺激が強い方が気持ちいいと感じる人も多く見られますが、地肌は意外と繊細な部分であり、指の腹で洗うように心がけることが大切です。

・シャンプーをたくさんつける
シャンプーをたくさん使用し、泡立てて洗うことは必ずしも良いことではありません。シャンプーには界面活性剤が入っていることが多いのですが、これは洗い残しがあると地肌の炎症の原因となってしまいます。たくさんつけても良いのですが、その分きちんと洗い流すようにしましょう。



【熱いお湯で洗うのもNG】

地肌を洗う上で重要なことは、とにかく刺激を与えないということです。その中で熱いお湯を使用して洗うことは、地肌への大きな刺激となります。シャンプーを行う際はなるべくぬるま湯を使用するようにしましょう。また、髪の毛を濡らす前は、ブラッシングなどで髪の毛のほこりや汚れを落とすことが必要になります。地肌を守ることは美しい髪の毛を維持することにつながるのです。

髪のダメージ

髪の毛は年齢の増加にしたがって老化します。そのため、自分の年齢に応じた髪の毛のケアが必要となってきますので髪の毛のエイジングについて見直しましょう。

 

【髪の毛は年齢によってどのような変化をもたらすのか?】

髪の毛の性質は年齢によって変化しますが、その変化は一般的に30代を過ぎた辺りから感じるようになると言われています。髪の毛の変化とは、大きく分けて、白髪、髪の毛の太さと本数、うねり毛、内在脂質の減少などが挙げられます。

白髪は30代を過ぎると少しずつ発生するようになります。これは、メラニン色素を生成するメラノサイトと呼ばれる部分が異常になるためで、髪の毛に関する悩みの多くはこの白髪となります。50代までに白髪が見られる割合は、実に90%とも言われています。

髪の毛の太さと本数は、いずれも減少する傾向にあります。これにより薄毛になったり、髪の毛のハリ、ツヤ低下の大きな要因となります。女性の髪の毛の悩みとしては白髪に次いで多くなります。

うねり毛は、髪の毛の流れが揃いにくい状態のことを指します。年齢の増加によって直毛であった人もくせのある毛になる可能性は大いにあります。
内在脂質の現象は、髪の毛のコルテックス部分に含まれる脂質が減少することを指します。これによって髪の毛のしなやかさが低下し、髪の毛がもろくなる傾向にあります。

 

【年齢に応じたケアが必要】

髪の毛の質は年齢の増加とともに低下していくことは事実です。
だからといってあきらめるのではなく、年齢に応じたケアを行うことによって美しい髪の毛を維持することは可能となります。
髪の毛は外的な刺激に弱いので、むしろしっかりとケアをしないとすぐに髪の毛は弱ってしまいます。

若い頃に使用していたスタイリング剤やトリートメントなども年齢の増加とともに自分の髪の毛に合わなくなる可能性があります。まずは自分の髪質を良く知り、それに合わせた製品を購入することが大切となります。

髪のダメージ

年齢の増加とともに髪と頭皮に変化を感じるという方は多くなります。これは髪の毛の老化によって髪質が変化しているためです。少なからず衰えを見せる髪の毛ですが、きちんとケアを行えばその進行を遅らせることはできます。ここでは髪の毛のエイジングケアについて紹介していきます。

 

【髪と頭皮のケア】

髪の毛はさまざまな原因によりその質を低下させます。自然な状態だと髪の毛はハリやコシを失っていってしまいますので、ヘアケア製品を使用するなどして髪の毛の状態を良くする必要があります。

ヘアケアを行う上で頭皮のケアを行うことは必要に重要です。

なぜなら、頭皮は髪の毛を成長させるための栄養補給を行っている場所であるためです。頭皮の環境が悪化してしまうと髪の毛の成長にも影響を及ぼします。年齢の増加とともに頭皮は乾燥しやすくなったり、汚れが溜まりやすくなったりして環境が悪化してしまいます。スカルプマッサージを行うなどして頭皮の環境は常に良くしておく必要があります。

髪の毛のケアはトリートメントで行うことができます。トリートメントは、傷んだキューティクルや内部構造を補修する効果があります。

一度傷んだキューティクルは復元することができませんが、トリートメントでコーティングすることによって、髪の毛を守ることができます。年齢の増加によって髪の毛の構造が変化するとキューティクルなどがはがれやすくなり、若い頃よりも髪の毛が傷みやすくなります。そのため、毎日補修ケアを行うことは大切になります。

もし自分で行っているケアが思ったような効果を得られなかった場合は、美容院でトリートメントを行ってみると良いと思います。美容院でのヘアケアはその人の体質にあった方法を選択してくれるため、最も効率的なケアを行うことができます。

エイジングによって髪の毛が傷んでしまっても、あきらめてはいけません。また、いまいちどシャンプー方法を見直すことも必要です。

女性にとってサラサラな髪の毛は誰もが憧れる姿です。テレビのCMのような美しい髪の毛を実現するためには並々ならぬ努力が必要となります。

 

【髪を濡らす前にブラッシングを行いドライヤーでしっかり乾かす】

髪の毛は毎日洗う人が多いと思いますが、この方法ひとつで髪の毛のコンディションも変わってくるものです。シャンプーの方法は髪の毛のケアにおいて非常に重要なポイントとなっていますが、それ以前にブラッシングや髪の毛を乾かすことも髪の毛の性質維持に必要です。

髪を濡らす前にブラッシングを行うことは髪の毛の絡まりを解き、シャンプーをする際の指どおりを良くさせてくれます。髪が濡れてしまうと解しにくくなってしまうので、必ず濡らす前に行うのがポイントです。

また髪の毛を洗い終わったら、必ずドライヤーで乾かすことが大切です。しかし、このドライヤーは熱風により髪の毛や頭皮にダメージを与えるという諸刃の剣でもあります。

ドライヤーをあてる際は、距離を置いて使用するか、冷風を使用するなどしてなるべくダメージを与えないようにしましょう。

 

【シャンプーは朝よりも夜】

お風呂は朝入る人と夜入る人の2通りに分かれると思います。髪の毛の事を考えるのであれば、朝よりも夜の方がおススメです。

睡眠中は髪の毛の成長する時間であり、この時に皮脂などの汚れが溜まっていると、髪の毛の成長を阻害してしまいます。健康な髪の毛はそのまま美しい髪の毛へとつながるため、できることなら夜にシャンプーを行うようにしましょう。

サロンシャンプーや髪に優しいシャンプーは2度洗いがおススメです。1度目は軽く洗い、2度目にしっかりと汚れを落とすことで髪や頭皮に気を遣いながら洗浄することができます。

オススメはザミルズシャンプー楽天【the MILLSの口コミや評判は本当?】のザミルズです。ザミルズは医薬部外品シャンプーで注目を集めていて、使用した女性の口コミで広がっています。

ザミルズと正しいケアで髪や頭皮の環境をしっかりと守ることができれば、おのずと美しい髪の毛を手に入れることができるのです。

髪のダメージ

髪質は人によってさまざまなです。これは普段の生活でも影響を与えますが、その多くは遺伝による影響が強くなっています。ここでは、髪の毛の形状がどのようにして変化しているのかについて紹介していきます。

 

【毛根のうねりがくせ毛を生み出す】

くせ毛とは、髪の毛がうねる現象のことです。これは様々な要因があるのですが、その一つに毛根の形状が考えられます。

人によって髪の毛の生え方は変わってきます。例えば、毛根曲がった状態になると髪の毛は曲がって生えてくることになり、結果として髪の毛にうねりが生じることになります。

これは遺伝による影響が強く、何度生え変わってもうねったままとなることが多くなります。一方で直毛の場合は毛根がまっすぐになっているので、くせ毛になる可能性は少なくなります。

ただし、このくせ毛は一生そのままになる訳ではありません。年齢とともに髪の毛の性質は変化する傾向にあり、くせ毛が直毛になることも少なからずあるのです。

 

【くせ毛はコルテックスの偏りが原因】

毛根がまっすぐに生えていても髪の毛の内部にあるコルテックスに偏りが生じると髪の毛はくせ毛になってしまいます。

コルテックスは髪の毛の大部分を占める場所で、髪の毛の性質を決める上で大切な要素となります。このコルテックスが一様に分布している場合は直毛を維持することができるのですが、何らかの原因でコルテックスが偏ると髪の毛が曲がりやすくなり、くせ毛になってしまいます。

日本人は遺伝的な影響から直毛である人が多くなります。しかし、それには個人差がありますので、中にはくせ毛である人もいると思います。

もしくせ毛かどうか悩んでいる場合は、自分の両親の髪質などを確かめてみると良いと思います。両親のどちらかにくせ毛の性質を持っている方がいる場合は、自身もくせ毛になる可能性が非常に高くなってしまいます。

髪のダメージ

女性にとって妊娠や出産は身体にさまざまな変化をもたらすものです。それは髪の毛に関しても例外ではありません。

出産後、急に髪の毛にハリやツヤが無くなったと感じる方は少なくないと思います。ここでは、産後に髪質が変化する理由とその対策について紹介していきます。

 

【髪質はホルモンバランスで変化する】

妊娠中はエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが多く分泌されます。これにより、本来抜け落ちるはずの髪の毛もそのまま成長し続けるという現象が発生します。

また、妊娠中は胎児に栄養分を行きわたらせるため、その他の器官は受け取る栄養分が少なくなる傾向にあります。これにより妊娠中の髪の毛の質は低下することになります。

産後に関してはエストロゲンの分泌量が減少し、成長し続けていた髪の毛が急激に抜け落ちることになります。

妊娠中の髪質の低下が産後にも影響を及ぼす他、急に髪の毛が抜け落ちることによるストレスが髪質をさらに低下させることにもつながっています。

しかし、これは妊娠、出産を経験すれば多かれ少なかれ誰も生じるものです。過度に心配する必要はないということを頭に入れておく必要があります。

 

【髪質を低下させないためにできること】

もちろん髪質を低下させないために自分でできることはあります。ここでは3つの方法を挙げていきます。

 

・頭皮の血行を促進させる
髪質が低下するのは髪へ栄養素が行きわたらないためです。頭皮のマッサージを行うことで血行を促進し、髪の毛への栄養をうまく伝えることにつながります。

 

・食生活に気を遣う
産後は女性ホルモンのバランスが乱れる傾向にあり、これをきちんと整える必要があります。食物でもこれを補うことができ、中でも大豆イソフラボンは女性ホルモンの働きを助けてくれます。

 

・シャンプーを変えてみる
産後の身体の変化で自分に合うシャンプーが変わっているかもしれません。
皮脂の分泌量が多くなったと感じたら洗浄力の強いものを選ぶことが大切です。

髪のダメージ